消費者金融の金利とは

消費者金融について

法律

金融機関でお金を借りる時の金利

昔は、消費者金融でお金を借りる時の金利は、29.2%に設定されていることが多かったようです。利息制限法では、金利の上限は15%~20%となっていますので、これは違法な金利ということになります。なぜ違法な金利があたりまえのように設定されていたかというと、出資法という法律では金利の上限が29.2%となっていたからです。この出資法の上限金利を超えなければ、刑罰で裁かれることはなかったため、多くの貸金業者は金利を29.2%に設定していました。これをグレーゾーン金利と呼びます。現在は、出資法は改正され、上限が20%となりましたので、グレーゾーン金利の問題はほとんど起きなくなっています。金融機関でお金を借りるときは、念のため利息制限法が守られているかをチェックしておきましょう。

資金業者に関する法律の改正

貸金業法は、消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者の業務の基準になる法律であり、1983年に施行されています。業者の利益の保護と共に、国民経済の適切な運営に資する事を目的としており、登録制度の実施や業界団体の設立等が定められています。この法律は、2006年に改正された事により、総量規制と呼ばれるルールが加えられています。これは、貸金業者の個人向けカードローンを対象としており、借入総額は年収の3分の1以内に制限するという内容です。これにより、消費者金融に申込む場合は、希望額によっては所得証明書類の提出が必要となります。

↑PAGE TOP