様々な種類の金融取り扱い事業

金融の取り扱い事業

法律

金融と法律の関係について

現在金融を取り扱い事業には様々な種類が存在しています。代表的なものは誰もが知っている銀行がありますが、同じような機能を持っている非営利団体に信用金庫があります。またノンバンクと呼ばれる消費者金融も関係していると言えるでしょう。またクレジットカード会社などを含む信販会社も含まれる場合があります。これらの事業は全て共通した関わりがありますが、それぞれを規制する法律は全く別のものとなっています。そのため同じようなサービスを提供する場合においても法律の中身に差があるという状態になっていますので注意が必要であると言えるでしょう。

法律の関わりについて

金融と法律の関わりは深いです。特に株などの場合は、昔から投資者と法との戦いでした。インサイダー取引など、法の網目を抜けて、投資者は莫大な利益を得ていました。そして、それを規制する動きが出て、市場を安定させようと政府は動きます。そのイタチゴッコなのです。金融と法律の関わりは深いです。法の抜け穴を探すのもいいですが、今は完全に法整備がなされています。そうした中で、自分が逮捕されないぎりぎりの範囲を狙って、投資を行う必要があります。それができれば、投資で大儲けを行う事は可能になります。法をよく見る事が成功の秘訣なのです。

↑PAGE TOP